絶対知っておくべき事
レーシックは金儲け
レーシック専門医院の注意点
一般眼科の注意点
視力はバランスが命
失敗リスク(見え方)
失敗リスク(合併症)
失敗リスクの発生率
受ける前のチェック項目
どのような手術?
スタンダードレーシック
イントラレーシック
マイクロケラトーム VS
イントラレーザー
ラゼック・PRK・エピ
ウェーブフロント(カスタム)
どこで受ければよいの?
クリニックデータベース
どこで受ければよいの?
平均的な費用と注意点
コスパ抜群クリニック
管理人の体験記
きっかけ
A眼科へ
Bクリニックへ
手術当日
手術終了後
情報交換
なんでも掲示板
問い合わせ
リンク集
文献情報
文献情報

オルソケラトロジー

リスクの発生率(割合)

 レーシックを受ける人誰もが思うこと。
 
 それは、手術は成功するのだろうか?
 
 その答えは、一つです。
 「成功する場合もあるし、失敗する場合もある。」

 あなたは、失敗の可能性を受け入れた上で手術を受けるか、手術を取りやめるか、選択する必要があります。
 その一助とするために、以下に客観的なデータを掲載します(鵜呑みにはせず、参考程度でお考えください。)。

リスク(見え方)に関するデータ
・ 術後のハロ・グレア
 → 手術直後におこる夜間の見えづらさ、まぶしさ(ハロ・グレア)は必ず出ますが、 時間の経過とともに軽減されます(かわもと眼科HP)。

・ 術後の過矯正(術後の強い遠視)
  → 1936眼中2眼(小矢部たがわ眼科HP
  → 過矯正の割合はわかりません(品川近視クリニックHP)

・ 手術前の矯正視力より視力が落ちる
  → 2段階以上視力が落ちる可能性は1%前後(根岸医師
  → 確率でいうと1000分の3(松本眼科HP)。

・ 術後再度レーシックをした眼数(術後近視の戻りでレーシックが必要となった患者)
  → 1936眼中15眼 (小矢部たがわ眼科HP

リスク(合併症)に関するデータ
・ レーシックの感染症
  → レーシックの感染症の合併はコンタクトレンズの1/10以下の頻度と考えられます(きくな湯田眼科HP)。
  → フラップを作るために切開した角膜の傷口から細菌は真菌(カビ)、ウイルスなどが入り込んでしまうことがあります。これは、現在でも0.1〜0.2%ほどの頻度で報告されています(根岸医師)。

・ 術後感染症(2009年2月に銀座眼科で多発した合併症。かなり重大な合併症。)  
   → 1936眼中0眼(小矢部たがわ眼科HP

・ フラップ関連の合併症(不完全フラップ等)
  → 1%未満(根岸医師
  → 1500人に1人(フリーフラップ)(山本眼科HP

・ 手術の中断・断念(不正なフラップ原因)
  → 1936眼中4眼(小矢部たがわ眼科HP

・ 術後フラップずれの修復
  → 1936眼中4眼(小矢部たがわ眼科HP
  → 1〜2%(根岸医師

・ 術後DLKの修復(強い炎症)
  → 1936眼中5眼(小矢部たがわ眼科HP

・ 層間角膜炎
  → 頻度1〜2%(根岸医師
  → 症例5,000中30件程度(某眼科の説明会)

・ 実質内上皮増殖
  → 1〜2%(根岸医師

TOPIC レーシッククリニックデータベース

お住まいの都道府県をクリックすれば、最寄りのレーシック医院が表示されます。
(クリニックの登録・変更・削除依頼 用例の説明

 
北海道
青森
秋田 岩手
山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
Copyright(C)2008 ●●●レーシックを受ける前に絶対知っておくべき事●●● All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch