絶対知っておくべき事
レーシックは金儲け
レーシック専門医院の注意点
一般眼科の注意点
視力はバランスが命
失敗リスク(見え方)
失敗リスク(合併症)
失敗リスクの発生率
受ける前のチェック項目
どのような手術?
スタンダードレーシック
イントラレーシック
マイクロケラトーム VS
イントラレーザー
ラゼック・PRK・エピ
ウェーブフロント(カスタム)
どこで受ければよいの?
クリニックデータベース
どこで受ければよいの?
平均的な費用と注意点
コスパ抜群クリニック
管理人の体験記
きっかけ
A眼科へ
Bクリニックへ
手術当日
手術終了後
情報交換
なんでも掲示板
問い合わせ
リンク集
文献情報
文献情報

オルソケラトロジー

ウエーブフロントシステムとは

1 ウェーブフロントシステムとは
2 メリット
3 デメリット
4 検証 

1 ウェーブフロントシステム

  レーシックとは、
 「
フラップ」を作り、  「エキシマレーザー」で角膜を削る
レーシック

手術です。

 マイクロケラトームや、イントラレーザーはフラップの作り方の違いでしたが、このウェーブフロントシステムはフラップを作った後のエキシマレーザーの照射の際のバリエーションの一つです。

 「特殊な機器を使って眼球のゆがみやひずみを測定」し、「そのデーターをエキシマレーザーの機器に送り込み」、ゆがみひずみなくなるようにエキシマレーザーを照射する方法です(加藤医師)。
 ウェーブフロントシステムによる手術はカスタムレーシックとも呼ばれています。
 主に次のような特徴があります。

2 メリット

→ その1
 特殊な装置で目の表面のゆがみやひずみ(高次収差)を拾い、その目のゆがみやひずみに応じたレーザーの照射ができるため、不正乱視に効果があります(吉田医師、矢坂医師、加藤医師)。
高次収差
→ その2
  2.0を超えるような視力(スーパービジョン)を狙うことができます(矢坂医師)。
→ その3
 見え方の質が良い(矢坂医師)。


3 デメリット

→ その1
 通常のレーシックよりも角膜を20〜50%も多く削る(吉田医師)。
→ その2
 患者の自覚的な満足度には、通常のレーシックとウェーブフロントレーシックで全く差を認めない(加藤医師
 元々大きな高次収差がある人を除けば、一度目の手術でこの装置の恩恵を受けることは少ない(吉田医師

4 検証

 手術のスペックを重視する大手レーシック専門クリニックのホームページには、ウェーブフロントレーシック(カスタムレーシック)を絶賛する広告がよく見受けられます。
 例えば、コントラストがはっきりするといった広告もあります(神戸神奈川アイクリニック)。
 アイレーシック
 上記のメリット2、3にも、スーパービジョンが狙えるとか、見え方の質が良い、といったものがありますが、これらも、大手レーシック専門クリニックである錦糸眼科の矢坂医師の見解です。

 一方、一般眼科系加藤医師は、次のように述べられています。
 「ウェーブフロントレーシックが従来のレーシックの成績よりもはるかに優れているということはありません。私達もウェーブフロントレーシックを従来にレーシックと比べてみましたが、患者さんの自覚的な満足度には全く差を認めませんでした。」
 また、同じく一般眼科系吉田医師は、次のように述べられています。
 「通常の近視のように高次収差の少ない目ではあまり効果がない。高次収差の大きな不正乱視や偏心照射では大きな効果を発揮する。」

TOPIC レーシッククリニックデータベース

お住まいの都道府県をクリックすれば、最寄りのレーシック医院が表示されます。
(クリニックの登録・変更・削除依頼 用例の説明

 
北海道
青森
秋田 岩手
山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
Copyright(C)2008 ●●●レーシックを受ける前に絶対知っておくべき事●●● All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch