絶対知っておくべき事
レーシックは金儲け
レーシック専門医院の注意点
一般眼科の注意点
視力はバランスが命
失敗リスク(見え方)
失敗リスク(合併症)
失敗リスクの発生率
受ける前のチェック項目
どのような手術?
スタンダードレーシック
イントラレーシック
マイクロケラトーム VS
イントラレーザー
ラゼック・PRK・エピ
ウェーブフロント(カスタム)
どこで受ければよいの?
クリニックデータベース
どこで受ければよいの?
平均的な費用と注意点
コスパ抜群クリニック
管理人の体験記
きっかけ
A眼科へ
Bクリニックへ
手術当日
手術終了後
情報交換
なんでも掲示板
問い合わせ
リンク集
文献情報
文献情報

オルソケラトロジー

管理人のレーシック体験記 〜目次

1 きっかけ
2 A眼科へ
3 Bクリニックへ
4 手術当日
5 手術終了後

Bクリニック発見

 A眼科での検査・診察を終え、次のクリニック探しを始めました。
 
 実は、色々調べてマイクロケラトームでも全く問題なく手術できる、ということはわかっていたのですが、やはり、怖い。

 ビビリなんです、ワタクシ。

 感染症が怖いのではなく、医師が直接電動メスを操作するのが、どうしても怖かった。手術の時に怖さに耐えれるか不安に思ってました。

 そこで、イントラレーザーの機器を使用する医院を探しました。
 しかーし、広島県はマイクロケラトームばかりでした。
 かといって、大阪、福岡は遠すぎるから、何かあった時に通えない(この時は、大手クリニックがアフターケアの診療をしてくれる地方の眼科を紹介してくれることを知らなかった。)。
 
 そこで、A眼科を紹介してくれた友人に相談すると、山口県のBクリニックがイントラレーシックを行なっている、と教えてくれたのです。

Bクリニックへ

 Bクリニックは、特に手術の待ち期間はなく、検査で問題なければ、翌週にでも手術を受けることができる、とのことでした。
 Bクリニックも、検査を受けるには3日間コンタクト外しっぱなしにしないと行けません。
 そして、検査を受けに行きました。

 ここのクリニックの検査は、視能訓練士という専門の国家資格を持った検査員が、検査を行います。
 検査の目的を丁寧に教えてくれて、進め方も上手でした。
 下手な人が検査やると、目がちょうど乾いて閉じる時にパシャ、と測定されてしまうんですよね。
 
 そして、料金の説明などを受けました。
 「15万円のスタンダードレーシックは開院以来受ける人がいなかったので、実施していません。」
 いきなりジャブです。
 「開院してからどんだけ時間たっとんじゃ、やらないならホームページに載せるな!」とは言いまっせんでしたが、消費生活条例で禁止されている「重要事項の不告知」に当たる広告です。
 (ちなみに現在はスタンダードレーシックの表示は削除されています。)

 この検査員さんに、手術後の設定視力の質問をぶつけて見たところ、私のように、過矯正を気にする人は少数派で、ほとんどの方は、完全矯正をしている、ということを教えてくれました。
 そして、完全矯正の1.5の視力にしても、控えめの1.0の視力にしても、近くを見たときの見え方はほとんど違いがない事を、手元の新聞を見ながら実演してくれ、納得ができました。

 よくあるレーシック宣伝サイトに、「レーシックを受ける場合は眼科専門医で」とか、「i レーシック万歳」的な事が宣伝してあったりしますが、検査員をはじめとしたスタッフが、手術を成功させるためにはとても重要だと感じました。
 なぜなら、視力検査をはじめ、ウェーブフロントを行う際のデータ取得や、角膜の形状、データの医師への受け渡しなど、手術を行うためのほとんどのことは、検査員をはじめとしたスタッフが行うのです。

 医師は、最初にチョチョイと目の疾患がないかチェックしたら、後はスタッフが作った書類見て、ポンポンと機械にデータ入力して、後は機械が手術するんですから。

 スタッフがしっかりしていないと、医師や機械がどんなに素晴らしくても、間違ったデータを元に手術が行われてしまいます。

 クリニック選びは、機械のスペックだけじゃなく、そのクリニックをスタッフを含めてトータルで観察するのは非常に重要だと思います。
 

医師の診察1回目

    そして、診察室へ進みました。

 医師は、白衣(正確には青色)を着用、第一関門OKです(笑)。
  
 そして、A眼科では、角膜の厚さはスタッフが計測していましたが、このBクリニックでは、医師が直接角膜の厚さを計測しました。
 そして、角膜が平均以上の厚さである旨、そして、手術でどれだけ削り、どれだけ残るから、十分大丈夫であると説明がありました。

 その後、色々と質問をぶつけました。
 色々話しているうちに、医師からも、過矯正を気にする自分は少数派であることがわかり、完全矯正をほとんどの人が問題なく受けている、ということがわかりました。
 医師と直に話をすることで、これは真実だな、と体で感じとれることは少なからずあります。

 そして、たまたま空いていたからかもしれませんが、約30分程度、あーでもない、こーでもない、と話をすることができ、自分の事を覚えてくれたと、いう安心感を持つことができました。

 前回のA眼科では得られなかった「安心感」、みたいなものを、ここで得られ、私は、Bクリニックでレーシックを受けることを決めました。

→ 手術当日

TOPIC レーシッククリニックデータベース

お住まいの都道府県をクリックすれば、最寄りのレーシック医院が表示されます。
(クリニックの登録・変更・削除依頼 用例の説明

 
北海道
青森
秋田 岩手
山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
Copyright(C)2008 ●●●レーシックを受ける前に絶対知っておくべき事●●● All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch