絶対知っておくべき事
レーシックは金儲け
レーシック専門医院の注意点
一般眼科の注意点
視力はバランスが命
失敗リスク(見え方)
失敗リスク(合併症)
失敗リスクの発生率
受ける前のチェック項目
どのような手術?
スタンダードレーシック
イントラレーシック
マイクロケラトーム VS
イントラレーザー
ラゼック・PRK・エピ
ウェーブフロント(カスタム)
どこで受ければよいの?
クリニックデータベース
どこで受ければよいの?
平均的な費用と注意点
コスパ抜群クリニック
管理人の体験記
きっかけ
A眼科へ
Bクリニックへ
手術当日
手術終了後
情報交換
なんでも掲示板
問い合わせ
リンク集
文献情報
文献情報

オルソケラトロジー

平均的な費用

 当サイトの独自調査の結果、日本全国には、151のレーシック手術を行う医院・クリニック等があります(H25.2.10時点)。

1 全151クリニックの平均
2 レーシック専門クリニックの平均費用
3 一般眼科の平均費用
4 大学病院の平均費用
 
1 全151クリニックの平均費用
施   術 平均費用
(両眼)
フラップ作成   レーザー照射
イントラレーザー + カ ス タ ム 285,898円
 59クリニックの平均
マイクロケラトーム + カ ス タ ム 281,823円
 65クリニックの平均
マイクロケラトーム + カ ス タ ム 無 199,888円
 82クリニックの平均


 
2 レーシック専門クリニック(31クリニック)の平均費用
施   術 平均費用
(両眼)
フラップ作成   レーザー照射
イントラレーザー + カ ス タ ム 261,724円
 29クリニックの平均
マイクロケラトーム + カ ス タ ム 232,785円
 7クリニックの平均
マイクロケラトーム + カ ス タ ム 無 88,714円
 28クリニックの平均
※ イントラレーザーは、複数のプランがある場合は、最も安いプランで算定

POINT1 激安プランに注意

  見てのとおり、マイクロケラトーム+カスタム無が8万円台と、極端に安価です。
 そして、マイクロケラトーム+カスタム有は、いきなり23万円台に跳ね上がり、実施クリニック数も28から7に激減しています。
 これは、各社が客寄せ目的で非常に安い価格帯の設定を行なっていることの表れです。

 大手レーシック眼科は、カスタム設定の無いマイクロケラトームの格安プランで集客し、次のような説明を行います。

 「この格安プランにはカスタム照射を行いません。カスタム照射は、個々の眼のデコボコに応じたオーダーメイドの照射であり、見え方の質が良くなります。」
 カスタム照射は、その有意性に否定的な医師の見解もありますが、情報の少ない大抵の消費者は、このような説明を受けると、カスタムを選択せざるを得なくなります。

 しかし、マイクロケラトームのレーシックにはカスタムの設定がありません。
 
 その結果、カスタム欲しさに、カスタムの設定があるイントラレーシックまで選択せざるを得なくなるのです
(事実として、上記のとおり、マイクロケラトーム+カスタム無は28クリニックだが、マイクロケラトーム+カスタム有はクリニックに過ぎない。)


POINT2 巧妙な料金表に注意
 また、レーシック専門クリニックの料金表は巧妙です。一見安い費用のものは、一筋縄にはいきません。
 よく見たらカスタム照射がオプションで追加費用が必要だったり、40歳以上は3万円追加など、様々な追加情報が小さな文字で記載されています。
 普通のカスタムイントラレーシックを受ける場合は、安くても、23,4万以上は必要となるのが通常だと思って望んでください。。

3 一般眼科(111クリニック)の平均費用
施   術 平均費用
(両眼)
フラップ作成   レーザー照射
イントラレーザー + カ ス タ ム 299,185円
 28クリニックの平均
マイクロケラトーム + カ ス タ ム 270,926円
 52クリニックの平均
マイクロケラトーム + カ ス タ ム 無 254,364円
 52クリニックの平均
※ イントラレーザーは、複数のプランがある場合は、最も安いプランで算定

POINT1 イントラレーザーは少数派

  一般眼科でイントラレーザーを導入しているのは、全体の約4分の1のクリニックにすぎません。
 マイクロケラトームの機器(約600万円)に比べ、イントラレーザーの機器は、非常に高価であり(約5000万) 手術件数の少ない一般眼科では機器代金の回収ができないため、導入ができないのです(一般眼科の医師から取材しました。)。
 また、調査をしていくなかで、20万円を切るような安価なプランを提示するクリニックは、ある程度の手術件数があることから低価格を提示できるのであり、人気のクリニックである、という印象を受けました。

POINT2 巧妙な料金表に注意
 むしろ、レーシック専門クリニックよりも、一般眼科の方が、料金表が不明確なクリニックが多いです。小さい文字で、検査料や薬代と称して、手術料以外に3〜5万円程度追加費用が必要になる眼科が少なくありません。
 検査料や薬代が不明な場合は、事前に電話などで確認したほうがよいでしょう。

POINT3 カスタムのオプションに注意
 マイクロケラトームでフラップを作成する一般眼科のうち、カスタム照射を行なっているクリニックは52箇所あります。
 この52クリニックのうち、16クリニックは、カスタム照射の有りと無しとで費用に差を設けています。
 その差額は、平均55,500円、最低2万円から最高11万円です。
 カスタム照射は、その有意性に否定的な医師の見解もありますが、個々の眼のデコボコに応じたオーダーメイドの照射であり、見え方の質が良くなるとの説明を受けますから、大抵の方はカスタムを選択することになります。
 そもそも、カスタム照射するかどうかで、医師の手間はほとんど変わりません。
 集客用の安い費用表示のためにノンカスタムの費用を設けているのです。
 くれぐれも安いノンカスタムの費用につられて来院することのないようにしてください。

4 大学病院(9クリニック)の平均費用
施   術 平均費用
(両眼)
フラップ作成   レーザー照射
イントラレーザー + カ ス タ ム 400,000円
 3クリニックの平均
マイクロケラトーム + カ ス タ ム 463,800円
 5クリニックの平均
マイクロケラトーム + カ ス タ ム 無 480,000円
 1クリニックの平均

POINT1 費用が高額

 概ね高額である。また、ホームページ等で広告を積極的に行なっていない場合が多い。その価値が見いだせる人でなければ、払える金額ではないですね。

TOPIC レーシッククリニックデータベース

お住まいの都道府県をクリックすれば、最寄りのレーシック医院が表示されます。
(クリニックの登録・変更・削除依頼 用例の説明

 
北海道
青森
秋田 岩手
山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
 
Copyright(C)2008 ●●●レーシックを受ける前に絶対知っておくべき事●●● All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch